毎日摂りたい!男性の妊活をサポートしてくれる栄養素とは

毎日摂りたい!男性の妊活をサポートしてくれる栄養素とは


より効果的な妊活のためには、男女共に規則正しい生活と栄養バランスの良い食事が大切です。野菜を多く摂ることや、新鮮で安全な食べ物を選ぶようにすることはもちろん、妊活にプラスになる栄養素を積極的に摂るようにしましょう。では、実際にどのような栄養素が妊活に効果的なのか見ていきましょう。

妊活中の男性におすすめの栄養素

不妊に悩むカップルのうち、原因は約半数が男性側にあるといわれています。男性の場合は自身の生殖機能について調べたり気にする機会が女性より少ないため、知らず知らずのうちに生殖機能が低下していることがあるのです。妊活をスムーズに進めるためには、低下している生殖機能をサポートしてあげる必要があります。そこで、食事などから有効な栄養素を摂ることをおすすめします。
例えば「亜鉛」は、『セックスミネラル』という別名を持っているほど妊活に適した栄養素です。亜鉛は人間の生命維持に欠かせない「必須ミネラル」の一つ。精子を作り出すのに欠かせない存在で、精液中にも多量の亜鉛が含まれています。亜鉛は生牡蠣や豚レバー、ほや、牛肉などに多く含まれていますが、サプリメントなどによる過剰摂取には注意が必要です。
また、「アルギニン」も妊活中におすすめの栄養素です。アルギニンは天然に存在するアミノ酸の一種で、精子の数や運動性を高める働き、EDを改善する効果があります。このため、近年では自然妊娠を促進する栄養素として注目が集まっているのです。アルギニンは大豆類や豚肉、えびやマグロなどに多く含まれています。

まとめて摂りたい「ビタミンB群」もチェック!

ビタミンは健康な体作りに欠かせない栄養ですが、特に「ビタミンB群」は妊活中の人におすすめです。ビタミンB群にはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンB12、葉酸の8種の栄養素が属しています。互いに助け合って働く栄養素なので、どれか一つだけを摂るよりも複数を組み合わせて摂ることが効果的です。
ビタミンB群は、男性ホルモンの分泌に関係する働きを持っており、不足するとEDやAGAにつながる可能性があります。精子を作る際にはビタミンB12が不可欠で、精子の数と活動率にも深く関わっていることがわかっています。受精卵が着床後、ごく初期で流産してしまう現象にも関わっているとされており、ビタミンB群は夫婦そろって積極的に摂りたい栄養です。ビタミンB12は牛や豚のレバー、牛乳など動物性の食品に多く含まれています。
ビタミンB群の栄養素は、さまざまな食品に含まれているため、一度で全てを摂りきるのは大変難しくなっています。食事だけでなくサプリメントを活用すると、バランス良く摂りやすくなります。