知っておきたい妊娠糖尿病の正しい知識

知っておきたい妊娠糖尿病の正しい知識


妊娠糖尿病は、妊娠の影響で起こる糖代謝異常の一つです。妊娠中に始めて発見・発症されたものに限られ、糖尿病には至らない軽度のものを指します。妊娠糖尿病の発生率は約12%で、産後には元通り良くなるものがほとんどです。しかし、産後に糖尿病を発生するリスクが高まるともいわれており、注意が必要な病気です。

妊娠糖尿病の原因と症状

妊娠すると、胎盤で血糖値を上げやすいホルモン(インスリン拮抗ホルモン)などが産生されます。これは母体が食事で取り込んだブドウ糖を胎児に優先的に供給するため、ブドウ糖の分解と吸収に関係するインスリンの働きを抑え、血液中のブドウ糖が分解されにくくするためです。この影響で、特に妊娠中期以降はインスリンが効きにくい状態になり、血糖値が上がりやすくなります。
正常な妊婦ではこの頃、膵臓からインスリンを多く分泌して血糖値を上げないように調節します。しかし、十分な量のインスリンを分泌できない体質の妊婦では、血糖値が上がり妊娠糖尿病となります。自覚症状はほとんどなく、場合によってはのどが渇きやすかったり、トイレが近いと感じたりする程度です。
しかし、妊娠糖尿病は母体と胎児に悪い影響を与えます。妊娠糖尿病は悪化すると妊娠高血圧症候群や流産・早産の原因になります。羊水過多症や尿路感染症につながり、母子共に危険を及ぼす恐れもあるのです。

胎児への影響も大きく、胎児発育不全や胎児機能不全を起こす可能性が高まる上、先天的な奇形や高ビリルビン血症が現れる場合もあります。胎児が巨大児になったり、子宮内で胎児が死亡することもあります。新生児では低血糖が起きやすくなります。母子共に健康に過ごし出産を迎えるためには、妊娠糖尿病の予防と改善が欠かせません。
身内に糖尿病の人がいたり妊娠中に急に体重が増加した、または肥満である人、尿糖検査でよく陽性が出る人などは、妊娠糖尿病になりやすいので注意が必要です。また、35歳以上の高齢出産の人も発症のリスクが高まります。安全な妊娠・出産のために、糖尿病になりやすい体質の人は、規則正しい食生活をおくるよう心がけましょう。

妊娠糖尿病の治療方法とは

妊娠糖尿病は、早期の発見・治療が大切です。治療は食事療法と運動療法で、血糖値を厳しく管理する必要があります。食事療法では、糖分を減らし炭水化物の摂取を控えます。栄養バランスの良い食事を心がけつつ、決められた1日の摂取カロリーをオーバーしないようにします。果物も摂り過ぎないよう注意が必要です。運動療法では、マタニティヨガやスイミングなど、妊婦向けの運動をするようにしましょう。食後のウォーキングもおすすめです。
食事や運動に気をつけても改善がみられない場合は、インスリンの投与が必要になることもあります。基本的には通院による治療が可能ですが、血糖値が正常値より大幅に高いときは、1週間程度の管理入院が必要になることもあります。

産後も注意が必要な妊娠糖尿病

妊娠糖尿病は、多くの場合は出産後に血糖値が改善します。しかし、妊娠前から血糖値が高かったと考えられる妊婦の場合は、産後も治療を続ける必要があります。また、妊娠中に血糖値が上がった妊婦の場合は、将来的に糖尿病になる可能性が高くなるといわれています。産後も定期的に血糖値を測定し、高血糖の早期発見・早期治療に努めるようしましょう。

人によっては、糖尿病になりやすい体質の場合があります。健康診断などで血糖値が高かった人は、まず治療を行い血糖値が改善してから妊娠することが大切です。糖尿病になりやすい体質であることを自覚し、リスク管理を行うことで、安全な妊娠・出産が可能になるのです。