うつ病持ちでも妊活できる?気をつけるべきポイントとは

うつ病持ちでも妊活できる?気をつけるべきポイントとは


うつ病を患っている人の多くは、妊娠や出産に大きな不安を抱えています。「うつ病だから赤ちゃんは無理」「妊活なんてできない」なんて諦めてはいませんか?結論から言えば、うつ病だから妊娠できない、なんてことはありません。もちろん妊活だって始められるのです。

うつ病の人が妊活を始めるために

うつ病に悩まされている人の多くがまず心配するのは、「飲み薬が胎児に影響するのでは」ということです。うつ病の治療や改善に使われるのは睡眠薬や抗うつ剤ですが、これらの薬は基本的にはすぐに胎児に影響を及ぼすものではありません。ただし、量や種類には気をつける必要があり、その判断は医師にしてもらうようにしましょう。

うつ病の人が妊活を始める場合は、まずはかかりつけの医師に相談してみることが大切です。症状や体の具合に問題がなければ、すぐに妊活を始められる人も多いのです。自分自身でまずできることは、体調を安定させ、使っている薬を減らせるようにしておくことです。仕事をしている場合は仕事量を調整したり、休養を十分にとるなどして妊活に向けた体づくりも心がけましょう。

睡眠薬の使用を止めることも大切です。うつ病の人の中には、睡眠薬がないと眠れず辛い思いをしている人が多くいます。しかし、出産後は睡眠薬で眠ってしまうと赤ちゃんのお世話が十分にできない恐れがあります。妊娠しやすい体づくりと、産後も赤ちゃんのお世話ができるようにしておくため、睡眠薬をやめるという決断も必要になります。

妊活で気をつけるべきポイント

男性がうつ病持ちである場合、妊活を始めるには準備が必要です。特に夫婦間での相互理解が欠かせません。うつ病は環境の変化で悪化することが多く、妊娠や出産は大きな転機になりやすいといわれています。特に男性のうつ病患者では、子供が生まれたことで悪化したり、子供と上手く関われなくなるケースが多くあります。本当に子供がほしいのか、もし産後にうつ病が悪化した場合、家計や育児は誰が負担するのかなど、じっくり話し合っておく必要があるのです。
また、なかなか妊娠しなかった場合のプレッシャーを考慮しておく必要があります。妊活を始めると「まだ妊娠しない」という周囲や自分自身からのプレッシャーにストレスを感じる人が非常に多く、うつ病の人は症状が悪化しやすくなります。周囲の意見に惑わされず、マイペースにストレスなく妊活できる環境づくりが大切です。